幼児教育とは何か?メリットとデメリットは?

subpage01

幼児教育とは、小学生になる前の子供を対象にした教育の事です。

1歳から小学校に行く前までを幼児期といい、幼児期の子供の特性に基づいた性格形成や基本的な習慣の形成等を目的に行われます。
教育は早ければ早いほど良いと言われており、特に3歳までが、これから生きていくのに必要な基礎が育つ大事な時期と言われています。
この頃の子供たちは日々成長し、色々なものを次々と吸収していきます。

この赤ちゃんが寝ないに有益な情報の紹介です。

その為、柔軟性を持つ脳を育てる教育や、英語などの語学の他に、運動や芸術、さらにはマナーや礼儀作法も幼児教育の中に含まれています。
幼児教育のメリットは、子供の学習能力が高くなると言われている事です。


特に3歳までの間に、色々なものを見せ脳を刺激する事で脳を活性化し、その働きにも大きく影響するといわれています。
音楽の絶対音感や、外国語の正しい発音もこの時期の教育で決まってしまうと言われています。
また、親子のつながりを強めてくれます。

親子で色々な事を経験したり、スキンシップを取ることで、子供との関係もより深める事ができます。一方、デメリットは、子供に色々な教育を受けさせるためにお金がかかってしまう事です。

他に、子供らしさが無くなってしまう場合があるという事です。
子供は自由に遊ぶ事で気づき学ぶ事も沢山あるのに、知識を詰め込みすぎてしまう事によって、主体性を持たなくなり、また創造性も失ってしまう可能性があります。



そして、頭の回転は速く勉強は出来るようになるかもしれませんが感情表現をうまく出せなくなってしまう事もあります。ほとんどの親は、子供の為にと思って色々な早期教育を行います。

本物の日本経済新聞の情報ならこちらで掲載されています。

しかし必ずしも全ての子供に幼児教育が必要という訳ではありません。

親として子供の可能性を少しでも広げて高めてあげたいという気持ちも分かりますが、一番大切なのは、親が子供に強制する事無く、子供の自主性を尊重してあげるという事です。